アイキララ

アイキララで目の下たるみ改善

更新日:

目元のたるみはなぜできるのか?

目元のたるみはなぜできるのか?
20代後半から30代前半はお肌の曲がり角。肌が急に乾燥しやすくなります。

皮膚の水分が失われていくと、コラーゲンが不足してきます。目元にたるみが生じるのは主にそれが原因です。コラーゲンが少なくなると肌は潤いや弾力を失うので、たるんでくるのです。

目元は皮膚が薄いため、特に症状が出やすい部位になっています。

何もお肌の乾燥だけではありません。以下のような要因によっても、たるみは生じます。

パソコン・TVをよく見る

仕事や娯楽などでテレビやPCをよく見るという人は、表情筋の衰えが早いといわれています。

その原因となっているのが、瞬きの減少です。

画面を見続けることで瞬きの回数が減ってしまい、目の周辺の筋肉が弱まっていくのです。

紫外線のダメージを受けている

また外出時など日光を予防していないとお肌の保湿成分が壊されてしまいます。そのことでハリや弾力が失われ、たるみが発生するのです。

目元のたるみがさらに進むと黒クマになります。

アイキララを使っていけば、目元のたるみ、さらに黒クマへの改善効果を期待できます。

アイキララは茶クマに効果がない?

茶クマは主に糖化物質によっておこるといわれています。つまり、血液中に糖質が過剰にあることで生じる症状です。

一方、アイキララに配合された有効成分MGAは、ビタミンC誘導体のひとつです。

メラニンの排出、新陳代謝の促進作用があり、加齢によって不足しがちなコラーゲン生成も助けます。

つまりアイキララの成分MGAは、茶クマの糖化にアプローチするものではないのです。

ただ茶クマは糖化物質だけでおこるわけではありません。メラニン色素によるものにはMGAがちゃんと効果を発揮しますから、少し薄くなる程度のメリットはあるかもしれません。

目元の皮膚は薄いせいで刺激を受けやすく、乾燥状態にあるとさらに無防備になります。肌を保護する働きを持つメラニンはそんな目元を守ろうと盛んに分泌するわけです。

つまり乾燥状態はさらに茶クマを悪化させます。

アイキララによってコラーゲン生成を助けて保湿対策をすれば、その進行を抑制することができるので、毎日使い続けることも無駄になりません。

アイキララはなぜ目のたるみに効くのか?

アイキララは見た目では何の変哲もないクリーム。

ところが他のアイクリームと違う特徴がいっぱいつまっていて、特にMGAという成分が素晴らしい仕事をしてくれるんです。

MGAはビタミンC誘導体の一種。お肌の潤いの決め手であるコラーゲンをしっかりキープしてくれる成分なんです。

ほかにコラーゲン配合のアイクリームはたくさんありますが、肝心のコラーゲンが皮膚の中に留まっていてくれなければ塗る意味がありません。

このMGAはコラーゲンを皮膚の奥にキープして、水分を保つようにしてくれるんです。

目の下にハリと弾力がよみがえれば、たるみもゆっくりと解消されていきます。

ただ脂肪が飛び出すくらいに症状が進んでしまった場合、アイキララの力では解消できるとは限りません。

これはシワと同じことです。あまりにも深いものになると、アイクリームなどのコスメでは改善するのが困難になってしまいます。

そうなってしまう前に、なるべく早く目元のケアを始めましょう。

アイキララの口コミ評判は?

-アイキララ

Copyright© 『本当に効いた!アイキララの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.