アイキララ

アイキララのアットコスメでの口コミ

更新日:

薬学会からも注目を集めるアイキララ

アイキララを使用することで目元にどのような変化が起きるか、6項目に渡って調査が行われました。

そしてその結果を記した論文が権威ある医学誌である「医学と薬学」に掲載されたのです。

このような例は化粧品としては異例で、それだけアイキララの効果が医学的にも注目されている証拠だといえます。

アイキララの口コミ情報

アットコスメでのアイキララの評価について

口コミ
化粧品に興味があるなら、「アットコスメ」という大手コスメサイトを知っている人も多いでしょう。

色々なコスメの特徴やメリット・デメリットについて紹介しているサイトで、中でも人気があるのが商品の購入者・利用者による口コミのページです。

コスメに限りませんが、興味のある新商品について他人がどう評価しているのか、どうしても気になります。

ネットでは、使ってみてもいないのに酷評を書き込む人も多いので、購入者の口コミを絞り込んで読めるアットコスメはすごくありがたい存在。

アイキララについては現在29件ほどの口コミが寄せられていて、高評価・低評価の両方があります。

低評価の方は短期間しか使っていないのに「効かない」といって酷評しているものが目立ちます。

よく言われることですが、ネットで販売されているサプリや化粧品、あるいは医薬部外品というのは、激烈な効き目のある医薬品とはその性質が異なります。

効果は高いものの、副作用の恐れのある成分を含む医薬品に対し、アイキララのような化粧品は体や肌に優しい成分だけを使っているのが特徴です。

優しい成分なだけに効果を実感するためには長期間に渡って使う必要があり、短期間での効果、つまり即効性がないのはむしろ当然なのです。

その性質をわきまえずに「効かなかった」と言い切ってしまうのは、一種イチャモンをつけるに等しい行為で、まともに評価しようという態度とはいえません。

アットコスメでの口コミは確かに参考になることも多いのですが、サプリや化粧品に関しては読む側でもその商品のタイプを心得た上で、その正否を見抜くことが大事でしょう。

アイキララの成分・カニナバラ果実エキスについて

天然成分
アイキララの全成分は以下のようになっています——

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

この中の「カニナバラ果実エキス」について説明してみます。

カニナバラは、日本ではイヌバラという名で知られている花。ヨーロッパでは盛んに自生していて、ゲーテの詩の題材になっているほどです。

ただ、花そのものより、その果実であるローズヒップの方が何といっても有名でしょう。ジャム、シロップ、ティーなどに広く用いられており、「ビタミンCが豊富」ということからサプリメントに配合されることも多くなっています。

抗菌、血行促進、収れん、発汗などの効果があり、クリームにもピッタリの成分です。

-アイキララ

Copyright© 『本当に効いた!アイキララの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.