アイキララ

アイキララは目の下のクマに効くの?

更新日:

アイキララに向くクマ・向かないクマ

寝不足な女性
アイキララは目下専用アイクリームとして人気ですが、全てのクマに効果があるのでしょうか?

アイキララは、成分として配合された「MGA」(ビタミンC誘導体)が目元にハリと弾力を与えてくれます。

調べてみると、10代から30代に症状が出やすい血行不良による青クマには特に効果があるようです。

ところが、血液中の糖質過剰が原因の茶クマにはあまり向かないようで、特に即効性を求める人には不向きでしょう。

青クマのケアについて

目の下の血行不良が原因で起こるといわれている青クマ。

血行は体温にも関わりがあるため、体が急激に冷やされると生じることもあります。

プールに入ると目下が青ざめるのはその一例です。

また、気温の下がる冬場はどうしてもクマが濃く見えてしまいます。

また血行不良のほかに、

・睡眠不足
・肩こり
・ストレス
・冷え性

なども原因としてあげられます。

これらを治すことも大切ですが、「乾燥」への対策が最も大切。

アイキララに配合されたMGAは肌の潤いに大事な役割を果たすコラーゲンをしっかり保ち、乾燥から肌を守ります。

黒クマのケアについて

加齢とともに悩みも増える
加齢に伴い、目の下の脂肪を支える筋肉が弱くなることから生じるのが黒クマ。コンシーラーでも隠すことはむずかしく、むくみが加わるとさらに目立ってしまいます。

黒クマの対策で有効なのは、コラーゲンの補給とツボ押しです。

黒クマというのはいわゆるたるみですから、肌のハリをもたらすコラーゲンを補うことで改善ができます。

週1回、ピーリングを行うことで肌のターンオーバーを促したり、アイキララのようなMGAが含まれた化粧品でコラーゲンを強化するのがいいでしょう。

また、目尻の端のくぼみ、こめかみ付近にあるツボを押すのも効果があります。

アイキララへのみんなの口コミはこちら

コラーゲン補給に当たってのポイント

コラーゲン
青クマ・黒クマは加齢が進むにつれて目元のコラーゲンが減少していくことが大きな原因となっています。そこでコラーゲン補給を行うべきなのですが、その際、以下のようなふたつのポイントに注意すべきです——

1.コラーゲン配合をうたっている化粧品は、あくまで保湿効果があるというだけで、真皮のコラーゲンになるわけではない

2.コラーゲン配合サプリは確かに体内にコラーゲンを補給できるが、その成分がきちんと真皮に届くかどうかは分からない

これらを踏まえると、「コラーゲン入り」という言葉に惑わされず、確実に真皮のコラーゲンを増強できる商品を選ぶのが大事だということが分かります。

そこでおすすめしたいのが、アルギネート、レチノール、ビタミンCといった物質です。

これらの3つの成分は線維芽細胞にアプローチするので、真皮のコラーゲンを増やす働きを備えています。

アイキララは「MGA」(ビタミンC誘導体)を配合。壊れがちなビタミンCをしっかりと体内に届けてくれます。

-アイキララ

Copyright© 『本当に効いた!アイキララの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.